<< アンティーク・レース展。 | main | 14です。 >>
モノマチ10。
category: 日々つれづれ

店先に空豆やとうもろこしが並び始めましたね。
空豆のあのふかふかが好きで、新鮮なものを見かけると大量に買い込んで剥いてしまいます。
もちろん味も好きですが、あのふかふかがどうにも私の心を掴んで離しません。

 

 

もう一週間前のイベントなのですが、大好きなのでご紹介です。
先週の土曜日はニルアドのコミックスを買いに帝都に行く用事もあったので丁度良かった。


御徒町や蔵前を中心に、毎年この時期『モノマチ』というイベントがありまして。
物作りに触れましょうという感じで、ワークショップなども充実しており、ここ数年足を運んでいます。

 

 

モノマチ公式サイト

 

モノマチ10ワークショップリスト

 

 

 

まずは『タマ美容科学』さんでアロマヘアスプレー作り。
こちらは毎年、お手製トリートメントなどのワークショップを開催されていて、お店の方も楽しいのでいつも立ち寄っています。


最初は精製水、グリセリンなどを計量して入れて、次は油系。
私は軽めが良かったのでスクワランと米ぬか油メインで。
次に自分の好きな精油で香り付け。
私は柑橘系ととラベンダー、ペパーミント一垂らしで。
もう絶対に好きな香りになるに決まってます。
只今、愛用中。

 

 

お店の前で売っていた焼き菓子も美味しかったです。
プレーンヨーグルト入りのレモンパウンドがさっぱり味でとても好み。

また食べたい。

 

 

 

 

次は『薫物屋香楽』さんで塗香作り。
塗香(ずこう)というのはその名の通り塗るお香で、身体を浄め、邪気を祓うというものです。

人の匂いを消して神に近付くためにも塗ったりしたそう。
漲りませんか、それだけでもう。
私は話を一本書けそうなくらい漲ります。

 

 

 

こんなふうに自分好みの香りを調合していくのですが……難しい、でも楽しい。
単品で嗅いでいると「これは好みではない……入れるのやめようかな……」と思ったりするものを、おそるおそるほんの少しだけ混ぜ合わせると清々しい奥行きが出たりして、不思議で奥が深い。

ちゃんと勉強してやった方がいいのは分かっているのですが、調べ出すと深みにはまりそうで。
慎重に慎重に少しずつ混ぜていって、出来上がったのはこれ。

 

 

途中はかなり不安だったのですが仕上がりは完璧!!
もうずっと側に置きたいくらい大好きな香り!
横のは二年前に同じ香楽さんで作った匂い袋で、こちらもずっと愛用中。
使う材料は同じなのですが、一緒に参加した知人は全く違った香りになっていたので、面白いです。

 

 

 

その後は色々なショップを覗いて、戦果はこちら。
レトロ可愛い紙とか。

 

 

 

アンティーク着物が表紙の和綴じ本で、しかも小川未明の『月夜とめがね』の豆本とか!
(こさぎ書林さん作)
私の好み詰め合わせ過ぎて、こんな素敵なもの絶対買ってしまう。
宮沢賢治の本は星の形になるんですよ。
こんな細工を考えつく方は凄いなぁ。

 


他にも革の端切れや、ビーズや輸入ものの生地の詰め放題とか。

おかず横丁にはキッチンカーも出ていたり。

 

多分来年もこの時期にRTし出すと思うので、興味のある方は是非一度足を運んでみて下さい。
このイベント大好きなので勝手に応援しています。

 

-, -, -
New Entry.
Category.
Archives.

Profile


Calendar
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
【ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚】
【戦場の円舞曲】
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search